メイン画像1
オールライナー工法について

 オールライナー工法は、工場で含浸された更生材を管内に引き入れた後、更生材に水圧または空気圧をかけ拡張し、温水または蒸気を循環させ樹脂を硬化形成させることによって、既設管きょ内に新しい管きょを形成する非開削の工法です。

特長MCharacteristic
①管種・管径管形状を選ばず施工可能
②段差、屈曲部でも滑らかな仕上がり
③非近接施工が可能
④現場状況に応じた材料の厚みを選択可能
⑤低臭気システムに加えて
 低スチレンライナーを実現
⑥適用管径:Φ125mm~Φ1,500mm
⑦温水・蒸気での施工が可能


 ●工法分類・・・形成工法
 ●拡径方法・・・水圧又は空気圧
 ●硬化方法・・・温水又は蒸気
仕様
適用管径 Φ125mm~Φ1,500mm
適用形状 円形管
ライナー厚 3.0mm以上
短期曲げ強度 40N/mm² 短期曲げ弾性係数 3,500N/mm²
短期引張強度 20N/mm² 短期引張弾性係数 3,500N/mm²
短期圧縮強度 90N/mm² 短期圧縮弾性係数 3,500N/mm²
材料構成 ●ベースホース
 外層不透過性フィルム
 ホース:ポリエステルフェルト
 樹脂:不飽和ポリエステル/低スチレンビニルエステル
●キャリブレーションホース
 ホース:ポリエステルフェルト
 樹脂:ノンスチレンビニルエステル
 内層不透過性フィルム
施工工程
-工程順-
-工程イメージ-
工程イメージ
-施工前-
施工前-
-工程後-
施工後
施工実績
オールライナー工法の実績です。年度別にご覧ください。
 
令和2年(2020)度(PDF) 令和1年(2019)度(PDF)  
平成30年(2018)度(PDF) 平成29年(2017)度(PDF) 平成28年(2016)度(PDF)
平成27年(2015)度(PDF) 平成26年(2014)度(PDF) 平成25年(2013)度(PDF)

↑ PAGE TOP

← PAGE BACK